室蘭地方自動車整備振興会

メンテナンスガイド その2

車のまわりを回っての点検

タイヤの空気圧のチェック

タイヤの接地部のたわみの状態により、空気圧が不足していないかを点検します。

タイヤゲージがあれば、より正確に点検できます。

指定空気圧が運転席ドアの端や、センターピラーに貼付されているラベルに表示されています。

空気圧が低いと燃費に影響します。

ときどき、スペア・タイヤの空気圧も点検しましょう。

タイヤの亀裂、損傷および異常な摩耗のチェック

著しい亀裂や損傷がないかをタイヤの全周にわたり点検します。また、釘、石、その他の異物が刺さったり、かみ込んだりしていないかを点検します。

タイヤの接地面が異状に摩耗していないかを点検します。

亀裂、損傷や異状摩粍したタイヤでの走行はとても危険です。早急に取り替える必要があります。

タイヤの溝の深さのチェック

溝の深さに不足がないかをスリップ・サインなどにより点検します。

溝の深さはデプスゲージで測りましょう。

スリップ・サインは、タイヤの溝の深さが1.6mm以下になると現れます。溝の深さが不足しているとタイヤがスリップしやすくなり、特に雨天時には大変危険となりますので、スリップ・サインが現れたら、タイヤを交換しましょう。

ランプ類の点灯、点滅およびレンズの汚れ、損傷のチェック

エンジン・スイッチを入れ、ヘッド・ランプ、テール・ランプ、ライセンス・ランプ、ブレーキ・ランプ、クリアランス・ランプ、バックアップ・ランプなどの点灯具合やウインカ・ランプの点滅具合が不良でないかを点検します。

レンズなどに汚れや損傷がないかを点検します。


PAGE TOP